本文へスキップ

非破壊検査業のものづくり補助金、事業再構築補助金、事業承継補助金のコンサルタント支援、プロのコンサルタントが申請を支援します!

事業の成功に向けて支援する経営コンサルタント会社 補助金採択は2000社以上 補助金コンサルタント相談  

非破壊検査業|補助金を活用した設備投資

HOME > 補助金コンサルタント(業種別レポート) > 非破壊検査業
株式会社東京経営サポーター (更新日:2023/11/9)

非破壊検査業の補助金コンサルタント東京経営サポーターは
非破壊検査業を支援しています。

●オススメ補助金:ものづくり補助金、事業再構築補助金

非破壊検査業


非破壊検査業で補助金

非破壊検査業の概要

非破壊検査とは、物体や材料の内部の欠陥や異常を、その材料を破壊することなく検出・評価するサービスを提供しています。非破壊検査は、材料の品質管理、安全性の確保、および製品の信頼性向上のために広く使用され、我が国の産業に欠かせないサービスとなっています。非破壊検査技術には、さまざまな方法が存在します。代表的な技術には、超音波検査、X線検査、磁粉検査、赤外線検査、液体浸透検査などがあります。これらの技術は、物体や材料の特性に応じて選択され、欠陥や異常の検出が行われます。非破壊検査は、産業分野や製品の種類に応じて広範な適用があり、品質管理や安全性確保の一環として不可欠な技術です。一般社団法人日本非破壊検査工業会によると、2022年165 社が非破壊検査業を主に営む正会員として登録しており、2006年度以降、年々増加の傾向となっています。

非破壊検査業の市場環境

我が国は高度成長期時代に多くのインフラが整備されてきましたが、それらのインフラは経年により老朽化が進んでいます。こうした老朽化したインフラを、長年維持していくために、メンテナンスのためには欠陥や劣化の状況を、対象物を壊さずに状況を把握する非破壊検査が不可欠な検査となっています。例えば、非破壊検査の対象となる交通インフラなどの非破壊検査ついて、株式会社富士経済『2018年版 次世代インフラ維持管理技術・システム関連市場の現状と将来展望』によりますと、市場規模は2017年実績では高速道路、一般道路、鉄道を合わせて2,431百万円ですが、2020年(予測)は6,375百万円、2025年(予測)は29,688百万円、2030年(予測)は58,594百万円と大幅に成長するとされています。今まで建造したインフラを、維持するために状態を把握する検査が重要になっており、専門性が高い非破壊検査の需要が高まっていくと考えられます。

機会について


非破壊検査業では以下のような機会があります。

メンテナンス需要の拡大

建造したインフラが正常に稼働するためには、日々のメンテナンスが欠かせません。そのメンテナンスに必要な情報を得る手段が非破壊検査です。非破壊検査を行うことにより、インフラ等の内部の状況を正確に把握しインフラの安全性を確保するメンテナンスを行えます。我が国には、高度成長期以来多くのインフラが建造されストックされ続けています。今後もインフラのストックは進み、インフラを維持していくためのメンテナンス需要は拡大していきます。

検査技術の進歩

非破壊検査では、超音波検査、X線検査、磁粉検査、赤外線検査、液体浸透検査などの技術を活用します。これら検査技術は日々進歩しており、従来では確認できなかった検査対象内部の状況をより精細に把握できるようになっています。こうした検査技術の進歩により、今まで非破壊検査を行えない対象物も検査できるようになり、新たな非破壊検査サービスが拡大する可能性があります。

検査機器の高度化

近年、非破壊検査機器は、より使い勝手が良くなっているとともにデジタル化が進むなど高度化しています。これまでの非破壊検査は、検査結果を分析するために検査員の高度な経験、ノウハウが必要でしたが、最先端の検査機器を用いることで、短期間で誰でも検査に対応できるようになっています。また、デジタル化で、データ連携が可能な機器も増えてきています。分析結果を、データとして蓄積して分析することにより、より良いサービスを提供できるようになります。

想定される経営革新案


非破壊検査生産性の向上

最新の検査機器は、操作性も高く簡単に使用方法に習熟できるともに、結果画像が分かりやすく表示されるため検査の標準化を図ることができます。検査業務の標準化により、検査員の育成が短期間で行うことが可能になり、より多くの検査に当たることができるようになります。また、小型・軽量な機器も増えており、体力のない検査員でも容易に取り扱うことができます。そのため、非力な女性や高齢の検査員でも検査が可能になります。生産性向上し、より多くの検査に対応できるようになります。

説明力の強化

最新の検査機器は、検査対象内部の状態が分かりやすい画像で結果表示されます。そのため、専門的な解釈を行わなくても検査画像を提示しながら、顧客が理解できる説明を行うことができます。また、多く深い位置まで検査を行える機器が増えており、より詳細な検査結果を提供できることが可能となります。また、データ連携が可能となっていることにより、効率的に高い品質の検査結果レポート作成ができるようになります。

非破壊検査業で「ものづくり補助金」


ものづくり補助金は設備投資に活用できる補助金です。
非破壊検査業では以下のような機器の設備投資に活用できます。

超音波探傷器超音波探傷器

超音波探傷器は、長音波を用いて内部の傷を測定することができる装置です。 対象を破壊することなく内部の傷を確認することが可能で、非破壊検査には欠かせない検査機です。最新の超音波探傷器は、より精度が高く広範囲を検査できると同時に、熟練者でなくても欠陥の状態を簡単に識別できる高品質な検査結果画像をリアルタイム描写することが可能となっています。また、クラウドデータ連携することで、検査結果をリモートから確認できる機器もあります。

X線検査装置

X線検査装置は、対象物にX線を照射し透過させることで、対象物の内部を測定・解析する検査機です。最先端のX線検査装置は少ないX線で高い透過能力を有しています。また、短時間での撮影、連続撮影が可能な検査装置もあり、非破壊検査の生産性向上が可能となっています。

蛍光X線分析計

蛍光X線分析計とは、対象の成分元素や含有量を分析する装置です。対象にX線を照射すると、元素ごとに固有のエネルギーをもつ蛍光X線が発生します。発生した蛍光X線を検出機で測定し分析することにより、対象の成分元素や含有量についての情報を得ることが可能となります。非破壊検査を行うにあたり、検査対象物が何でできるか正確に把握することができる検査機です。
東京経営サポーターでは、
ものづくり補助金の申請支援をしています。 ⇒ ものづくり補助金

非破壊検査業で「事業再構築補助金」


多くの申請希望者が事業再構築補助金で申請


ものづくり補助金同様、多くの事業者が事業再構築補助金に挑戦しています。

東京経営サポーターでは、
事業再構築補助金の申請支援をしています。 ⇒ 事業再構築補助金

非破壊検査業で「事業承継補助金」


過去3年間ぐらいの間に事業承継を行っていれば検討をオススメ


事業承継補助金は「経営革新事業」と「専門家活用事業」の申請パターンがありますが、過去3年ぐらいの間に事業承継が行われ、新しい取り組みに必要な設備投資を行う場合は、事業承継補助金の「経営革新事業」の申請も検討の候補としてオススメします。

申請可能時期の例(2023年8月申請の場合)
⇒ 事業承継の有効期間 2017年4 月 1 日から 2024 年 4 月 24 日

東京経営サポーターでは、
事業承継補助金の申請支援をしています。 ⇒ 事業承継補助金

コンサルタントへ相談 〜非破壊検査業、補助金〜


非破壊検査業、補助金コンサルタントへ相談東京経営サポーターでは、ものづくり補助金、事業再構築補助金、事業承継補助金など非破壊検査業で申請できる設備投資系の補助金申請を支援しています。コンサルタントの支援をご希望される方はお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせフォーム
<補助金情報>
新着一覧メルマガ登録

コンサルタントメニュー

中小企業庁補助金 ものづくり補助金事業再構築補助金IT導入補助金事業承継補助金省力化投資補助金小規模事業者持続化補助金
地域別補助金大規模成長投資補助金躍進的な事業推進のための設備投資支援事業新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業
補助金の活用事例補助金コンサルタント
中小企業庁施策支援 経営力向上計画 先端設備等導入計画 経営革新 事業継続力強化計画地域未来投資促進法
経営コンサルタント経営顧問WEB集客SEO顧問 SEO対策コンサルタント
経営コンサルタントへのご相談 経営コンサルタント会社の東京経営サポーター

経営サポーターは当社の登録商標です
(登録番号:第6611491号)